Staff Blog スタッフブログ

2013.12.13

人に与える印象の4割は声で決まる

・電話に出たとき、耳に飛び込んで来た声を聞いて「良い感じの人だな」と感じた。

・レストランに入ったとき、店員の接客がしらじらしいと感じた。

・恋人と会ったとき、明るく振る舞っている彼から、なんとなく不機嫌が伝わって来た。

 

こんなとき、私達は何を根拠にしてそう感じているのでしょうか。

答えは、やはり「声」です。

 

米国の心理学者アルバート・メラビアンが言う通り、人に与える印象の4割は声で決まります。

話の内容はわずか7パーセントしか影響しないというのですから、理屈であれこれ考えて慎重に喋るより、声を改善した方がずっと好印象になるわけです。

しかも、見た目は「飽きる、慣れる」のに対し、話し方や声は慣れてくれない。

良い声はずっと好まれ、嫌な話し方はいつまでも嫌がられるのです。

 

声がここまで印象を左右するという事実、ご存じでしたか?