Staff Blog スタッフブログ

2013.05.14

言葉を話すパフォーマンス『スポークン・ワード』

スポークン・ワードとは、歌詞、詩、物語を「歌う」というよりは「話す」、文学の芸術、または芸術的パフォーマンス。
しばしば音楽の演奏がつくこともあるが、話者の優位は保たれている。
言葉を話すパフォーマンスで最も一般的なのはパフォーマンス・ポエトリーで、これは詩人が既に発表された詩、ないしは声に出すことを目的に特別に書かれた詩を読むものである。
他には、近年人気を得た、政治的社会的な解説を、通常のスピーチより芸術的に(ゆっくりと、静かに、散文体で)読むようなものもある。
スポークン・ワードのアーティストは詩人、ミュージシャンである場合が多い。
1980年代後半から1990年代初期、アーティストがキャバレー形式で喧嘩腰に身構える、ポエトリー・スラムが出現した時は悪評を得た。
(Wikipediaより抜粋)