Staff Blog スタッフブログ

2014.02.11

ほほえむ

「ほほえむ」意識でいると、口角や上唇全体が上がりますが、この表情筋の働きも「喉を開きやすい」状態になるのに、無くてはならないものです。口角や上唇 全体が上がると、「喉が開きやすくなる」のに加えて、「下あごや下唇に頼った発声」になりにくくなるというのも大きなメリット。

また、口角が落ちてしまうと、途端に喉声になってしまいやすくなるので、「ほほえむ」ような表情でいることは良い声になるために重要。

さらに、口角や上唇全体が軽く上がった状態だと、声がこもりにくくなって、

・発音がクリアになる

・明るく、前向きな印象の声になる

・楽に大きな声が出せる

という効果もあります。