Staff Blog スタッフブログ

2014.04.01

声のものさし

不必要に大きい声で話したり、または逆に全く聞こえない声で話したりする子供っていますよね。

そんな子供の声の大きさを指導するための「声のものさし」というものがあります。

目で見て自分はどのくらいの声で話したら良いのかがわかるものです。

実際はイラストにして子供にも分かるようにしてあります。

「0」が心の中

「1」が隣の人

「2」が4、5人のグループ

「3」が教室全体

「4」が校庭や体育館

非常に分かりやすくて勉強になりました。

数字で表すととても具体的で子供にも分かりやすいですね。