話し方教室ヴォート

BLOG/COLUMN

スタッフブログ/コラム

2014年07月01日

相手との距離を近づける会話

許可を出してあげている?

相手の話を聞く際、話にじっと集中して何度も頷いてみる、焦らずに体をしっかり相手に向ける、最後まで話させてあげて話を区切らない、相づちを打つ。こうした反応はすべて「あなたが話して大丈夫ですよ」という許可として受け取ることができます。

恥ずかしいからと言ってなかなか反応しなかったり、じっと緊張して頷かなかったりすると、相手は反応がない=このまま話していてもいいのだろうか?という無意識的な不安を与えてしまうことになるんですね。

盛り上がって思わず会話を遮ってしまうときも、「せかされている」「相手が話したがっている」ということに意識が向いてしまい、受け容れてもらっている安心感を持つことができません。

会話の基礎に「相手は自分の敵ではない」というはっきりした安心感があることで、それが相手への親密感につながっていきます。

歌のボイストレーニングはこちら

これまで、数多くのプロのミュージシャンを輩出し続けてきたVOAT は、息の流れを教えることや、響きのある声にすることはお手の物です。VOAT 話し方教室はレッスン時間の中に腹式呼吸、発声練習を取り入れて「声」そのものに、伝わるための声の響き、息の流れを感じながら話すレッスンをしていきます。実際にその発声練習のおかげで受講生のみなさまからも大変喜ばれています。声を良くすることのプロフェッショナルVOATならではのノウハウで「良い声」が作れます。レッスンはマンツーマンレッスンですから他の人を気にすることなくレッスンができます。レッスン時間はフリータイム制ですから、好きな日の好きな時間で、「良い声と話し方」にすることができます。月々のレッスン回数はバリエーションから選択できますし、その月に受けられなかったレッスンは翌月以降に繰り越しができるので、レッスンが無駄になることはありません。レッスン料は月謝制なので安心です。無料体験レッスンを行っていますので、声にお悩みのかたはぜひ一度お越しください。お気軽にお申し込みください!