話し方教室ヴォート

BLOG/COLUMN

スタッフブログ/コラム

2018年06月20日

気づいて!これが嫌われる話し方!(その1)

誰かと話していても会話が弾まなかったり、相手が話をすぐに切り上げようとしている...などと感じることはないでしょうか。

もしかするとそれは、あなたが嫌われてしまう話し方をしてしまっているからかもしれません。

嫌われる話し方をいくつか紹介しますので、心当たりがあったら要注意して下さい。

 

 

■否定しないで!意外と気づいていないNGワード

(1)否定は反感を買う

否定的な言葉を使う話し方は、反感を買います。

なぜ反感を買ってしまうかというと、否定的な言葉によって、相手の話を遮って自分の話だけを押し進めていく流れになってしまうからです。

否定ばかりしていると「どうせ理解してもらえない」ということで、いずれ誰からも話しかけてもらえなくなります。

 

(2)NGワード

「いや」「しかし」「でも」「だけど」などがNGワードです。

こういった否定言葉は、話し相手の意欲や思考力の低下を招くことになります。

誰かが否定的なことを言うと、その否定的な姿勢や否定の気持ちが周囲に伝染してしまうのです。

 

(3)否定の種類は様々

1.面倒だから否定

代替案を提示しない場合は、そもそもやる気がなく面倒だから否定している場合があります。

 

2.自己顕示欲を満たすための否定

他人の欠点や物事の問題点を挙げることで、自分を優位にしようとする人もいます。

この手の否定をする人は、フラストレーションや劣等感を抱えている人が多いです。

 

3.相手を傷つけるための否定

否定的な表現をすることで、相手を深く傷つけることが目的の否定です。

行動に関することであればまだしも、人格や大切に思っていることにまで踏み込んで否定されると人は深く傷つきます。

 

(4)相手をなるべく不快にしない否定

嫌味な気持ちなど一切なく、率直に相手を否定したいときは、どうすれば相手を傷つけずに否定できるでしょうか。

それは、相手を受け止め、受け入れた上で話しをすればいいのです。

相手の考えを尊重して受け止めてから、自分の話をすれば印象は良くなります。

「たしかに」「そうだね」など受け入れる言葉をはさんでから、あくまでも自分の意見として否定意見を述べるのがポイントです。

 

 

■ネガティブ発言ばかりは要注意!

(1)ネガティブ発言は体に良くない。

ネガティブな言葉を発すると、血圧を上げるホルモンが分泌されて血圧が上がってしまいます。

誰しも何らかの悩みを抱えていますから、時にはネガティブな発言をしたくなるときもあります。

たまにならいいですが、毎回ネガティブな話題ばかりですと、聞く方はとても辛いです。

 

(2)ネガティブとポジティブのバランス。

話の4分の1をネガティブにすると良いと言われています。

ボジティブな話題を2つくらい話して、ネガティブな話題を1つだけはさみ、最後にはまたポジティブな話題で締める。

ネガティブな話題はなるべく少なくする意識が重要です。

 

(3)人に好かれる話し方

なるべくポジティブな話題をたくさんにして、ネガティブな話題や発言は控えるのが鉄則であることは理解できたと思います。

しかしながら、ネガティブ思考な人がポジティブな話題や発言をすぐに発信できるようになれるかというと、そう簡単にはいきません。

そこで、発言を「ポジティブ」に変えてくれる便利な会話術を紹介します。

『マイナス→プラス』の順に話すだけのシンプルな方法です。

 

例文

『プラス → マイナス』

「あなたの声はキレイだけど小さいですね」

 

『マイナス→プラス』

「あなたの声は小さいけれどキレイですね」

 

内容は同じでも『マイナス→プラス』の順に話すだけで印象は全く違ってポジティブに聞こえます。

 

  いかがでしたでしょうか。
  気づかないうちにこんな話し方をしていたら要注意です!

歌のボイストレーニングはこちら

これまで、数多くのプロのミュージシャンを輩出し続けてきたVOAT は、息の流れを教えることや、響きのある声にすることはお手の物です。VOAT 話し方教室はレッスン時間の中に腹式呼吸、発声練習を取り入れて「声」そのものに、伝わるための声の響き、息の流れを感じながら話すレッスンをしていきます。実際にその発声練習のおかげで受講生のみなさまからも大変喜ばれています。声を良くすることのプロフェッショナルVOATならではのノウハウで「良い声」が作れます。レッスンはマンツーマンレッスンですから他の人を気にすることなくレッスンができます。レッスン時間はフリータイム制ですから、好きな日の好きな時間で、「良い声と話し方」にすることができます。月々のレッスン回数はバリエーションから選択できますし、その月に受けられなかったレッスンは翌月以降に繰り越しができるので、レッスンが無駄になることはありません。レッスン料は月謝制なので安心です。無料体験レッスンを行っていますので、声にお悩みのかたはぜひ一度お越しください。お気軽にお申し込みください!